アレルギーが気になる時のシャンプー、ハーブはOK?

MENU

アレルギーが気になる時のシャンプー、ハーブはOK?

ハーブシャンプー アレルギー 画像

近年、アレルギー体質の方は、
年々増加していると言われています。

 

それで、食べ物や肌に触れるもの、身につけるものなど、
特にアレルギー対策がされた商品の人気が高まっています。

 

特に、アレルギーが気になるものの一つに、
肌に直接触れるものがありますが、毎日使うものでもある
シャンプーはいかがでしょうか?

 

 

シャンプーとアレルギー

 

シャンプーで、アレルギーが気になるという方も
少なくないでしょう。

 

肌に合う・合わない、また髪に合う・合わないがあるため、
自分にぴったりのシャンプーを見つけるのは、
難しいと感じる方もいるでしょう。

 

では、アレルギー反応を起こしやすい
シャンプーの成分とは何なのでしょうか?

 

最近話題のナチュラル派のハーブシャンプーは、
大丈夫なのでしょうか?

 

今回この記事では、そのような点について、
調べてまとめてみました。

 

 

アレルギーの原因になるシャンプーの成分

 

アレルギーの原因になる成分は、確かに人それぞれです。

 

しかし、大まかに分けるとアレルギー症状を引き起こしやすい
成分を、いくつかピックアップすることができます。

 

特に、リスクが高いと言われているものは4つあります。

 

界面活性剤

ハーブシャンプー アレルギー 画像

 

界面活性剤は、汚れを落とすために必要な成分です。

 

また、清涼感を加えるために、界面活性剤を
多く使っているシャンプーも存在します。

 

しかし、界面活性剤は、アレルギー反応が
起こりやすい成分でもあります。

 

その点、ナチュラル派のハーブシャンプーには、
界面活性剤が含まれているものもありますが、
ハーブそのものから得られる清涼感のおかげで、
最低限に抑えられているものが多いので安心です。

 

 

香料

ハーブシャンプー アレルギー 画像

 

一般の的なシャンプーに配合されている香料も、
アレルギーの原因となります。

 

化学反応によって石油原料を加工したものが、
香料として使われていることが多いからです。

 

香料が含まれていないシャンプーをアレルギー対策として
使用すると、爽やかさを感じにくいというお悩みを抱える方は
少なくありません。

 

そんな方にも、天然の香料であるハーブを配合した
ハーブシャンプーがおすすめです。

 

アレルギーを予防しながら、爽やかな香りを
楽しむことができるからです。

 

 

着色料

 

見た目を良くするために使われる着色料も、
アレルギーのリスクがあります。

 

含まれていないものを選びましょう。

 

 

防腐剤

 

防腐剤も、アレルギーの原因となる部分の一つです。

 

ハーブシャンプーであれば、少量ずつ手作りもできるため、
防腐剤の含まれていないものを使うことができます。

 

 

 

ハーブシャンプー ランキング